ボッチャについて

About Boccia

ボッチャとはどんな競技なのか?
競技のルール、必要な用具やクラス分けなど、ボッチャの基礎知識をご紹介します。

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。

競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。

クラス分け

障害の程度によりBC1~4の4クラスに分かれます。

BC1

対象:脳原性疾患

投球:可(足蹴り可)

勾配具:×

アシスタント:○

アシスタントに車椅子の操作、ボールを渡してもらうなどのサポートをしてもらえる

BC2

対象:脳原性疾患

投球:可

勾配具:×

アシスタント:×

上肢での車椅子操作がある程度可能

BC3

対象:脳原性疾患
         非脳原性疾患

投球:不可

勾配具:○

アシスタント:○

自身での投球ができないため、アシスタントによるサポートにてランプ(勾配具)を使用する

BC4

対象:非脳原性疾患

投球:可(足蹴り可)

勾配具:×

アシスタント:△
(足蹴り選手のみ可)

BC1・BC2と同等の四肢運動機能障害を有する(頸髄損傷、筋ジストロフィーなど)

※BC1~BC4の4クラスがパラリンピック等の国際大会対象クラスです。

オープンクラス

日本独自の「オープンクラス」

オープン座位

BC1~BC4に該当せず、座って投球する選手。

車いすの使用の有無は問わない

オープン立位

オープンクラスの中でも、立って投球が可能な選手。

片麻痺や下肢の骨関節疾患など

日本ボッチャ協会競技規則(PDF)

用具

ボッチャに必要な用具をご紹介します。

ボッチャボール

ランプ

リリーサー

ランプについて

BC3の選手は、ランプでボールを転がして投球します。

近年は支柱付きのランプが中心で、ランプそのものの材質も、木製やアクリル製と様々です。

ボールのスピードや転がす距離を伸ばすために、スロープ部分を長くできるようにしたり、狙いを定めやすいように、ランプそのものが透明で裏側から見えるようにしたり、スロープの真ん中が折れ曲がるようになっていたり、様々な工夫がなされています。

ただし、ランプのサイズは支柱を含め最大にした状態でスローイングボックスに収まる範囲の大きさであることが決められており、ランプ自体にボールを射出するような装置を取り付けたり、照準器を取り付けることは認められていません。

コート

競技は、12.5m×6mのコートで行われます。

選手は2.5m×1mのスローイングボックス内でプレーをします。個人戦ではボックス③④(③が赤、④が青)、ペア戦ではボックス②~⑤(②④が赤、③⑤が青)、チーム戦ではボックス①~⑥(①③⑤が赤、②④⑥が青)を使用します。